So-net無料ブログ作成
芋電市内電車 ブログトップ
- | 次の5件

もっともっと路面電車を作って逝く@切り出します。。。 [芋電市内電車]

016.JPG
017.JPG
という訳で、延べ8時間程で側板の切り出しが完了。

私が車輛作りで最も好きな作業がこの『切り出し』だったりします。
1枚の側板を切り出す度に安っぽい達成感で満たされる感じが堪らないんですよね。。。

きっと、脳&下半身の何処かから分泌される『変な汁』が『まともな人』より多い。って事なのかもですね。

過去のダラダラぶりを見て頂ければ分かってしまうと思いますが、私にしては驚愕のハイペースです。
(小学生でもやらない様な仕事での大チョンボで、納まりがつくまで寝るに寝れ無かった事が最大の要因だった事は秘密です。。。)

以前にも説明した通り、『Hゴム』を表現する窓の角&ドア上部はRをつけて逝きますので、取り敢えず斜めに残して針鑢でシコシコシコシコして仕上げて逝きたいと思います。。。
015.JPG
取り敢えず工作ネタはお終い。ノシ


で、
018.JPG
019.JPG
鉄之11弾の伊予鉄です。

私が鉄道模型の世界に帰ってきてしまったのはこの『伊予鉄道』のせいだったりします。

生まれて初めて路面電車を見たのがこの『伊予鉄道松山市内線』で、『小振りで可愛い蜜柑色の電車が、車に混じって方側2車線の国道のど真ん中をユラユラ車体を揺らしながら我物顔で走る姿』があまりにも強烈で、気が付いたら模型屋でプラ板と接着剤を買って来て、カッター&鑢を片手にシコシコシコシコ・・・・・・3年ちょっと前の出来事です。。。

郊外電車には余り興味が無かったけど、大手町&古町じゃ共演してるし製品で出るなら欲しいな。。。なんてずっと思ってたら出ちゃいましたね♪

って事で、『伊予鉄マンセー!!』
021.JPG
020.JPG


今日は工作なんかしないで、薄暗い部屋の片隅で1人『古町ゴッコ』する事にします。。。ノシ


下らない記事ですが、最後までご覧頂きありがとうございます。
ケツを叩く意味で↓を『ポチっ』として頂けると嬉しいです。。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(5) 

もっともっと路面電車を作って逝く@第1コーナーでこける。。。 [芋電市内電車]

002.JPG
いつものように、プラ板にコピーした図面を貼って切り出して逝きます。

普段コピーはコンビニか会社でしてしまうものの、おなか減って無いし、寒いし、田舎だから暴走族うっさいし、明日まで待てないし、チンチン痒いしetc・・・・・

って事で自宅のプリンターでコピー。
004.JPG
見事に滲んでしまって切り出し線がモザイク状態に・・・・(どこ切りゃイイんだよぉ。。。)

しかし、模型作りで最も大切なのは『ヤル気』です。

高校生の頃、友達に借りた桜樹○イのアダルトビデオ。
目を細めて精神を集中すれば、モザイクの向こう側で微笑む観音様が私には見えた気がしたものです。

『肛門筆を選ばず』って事で強行して逝きます。

が、いきなりエラーです。。。
005.JPG
007.JPG
何がおかしいか分かりますか?

戸袋窓左サッシの切り出し線が0.5mm右にズレてました。。。orz

さっきまで覚えたての中学生の如く『ギンギンギラギラ』だった私のヤル気でしたが、80歳のおじいちゃん並みに『フニャフニャ』になってしまったので寝ます。。。ノシ


下らない記事ですが、最後までご覧頂きありがとうございます。
ケツを叩く意味で↓を『ポチっ』として頂けると嬉しいです。。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





nice!(0)  コメント(7) 

もっともっと路面電車を作って逝く@製図。 [芋電市内電車]

鉄は熱いうちに打て!
ケツは青いうちに『ウホッ!』

って事で、ヤル気がある内に440型電車の『綺麗な編成』&480型(ブレーメン型LRV)を作って逝きたいと思います。

が、やる気満々で自分の巣に引き籠ろうとしたら・・・・
010.JPG
嫁が『風呂入るからこいつの面倒見といて!』って事でいきなり中断。。。

しばし膝の上に乗せて、激しい首振り運動の末見事に出来あがった『禿げ』を眺めつつ2型式のイメージを固めます。固めます。。固めます。。。

この乳臭い禿げ。
ほっぺたとは違う柔らかさ&しっとり加減が気持ちよくて、最近スリスリするのがマイブーム。
お陰で砂漠の面積が広がって来たような気がします。。。

嫁が風呂からあがって来たので、固まったイメージがシオシオのパーにならない内に一気に図面を引いて逝きます。
015.JPG
016.JPG

瞬殺。

LRVはドイツの某都市を走る水色のボンバルディアGT8Nがネタ元です。
オリジナルとは一線を画す角ばった顔面がちょっと凛々しい感じの電車にしてみたいと思います。

反則だと思いつつも、手書きだと寸法合わせがかなり面倒なので、LRVの顔面だけはCADを使って書いてしまいましたとさ。。。

○んこ色の弾丸第2編成は先にも言った通り種車が全て一緒の『綺麗な編成』って事にして逝きましょう。
顔面は前作とほぼ同じで、サボだけおでこに付ける事にします。
ユニットサッシは今回から『段付き』にすべく図面を引きます。

13500mmの大型ボギー車の図面に分割点だけ印しておけばイイのでお絵かきはかなり楽でした。

取り敢えず合いを見る為にLRVのインチキ顔面だけ仮組みしてみます。
013.JPG
014.JPG
大体イイ感じではないでしょうか?

ってな訳で、スケールモデルを作る為の修行シリーズ『第3弾』。

私らしくダラダラと逝ってみたいと思います。ノシ

下らない記事ですが、最後までご覧頂きありがとうございます。
ケツを叩く意味で↓を『ポチっ』として頂けると嬉しいです。。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2) 
- | 次の5件 芋電市内電車 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。